最後の夜
作詞・作曲:長谷川洋星

 

7月7日夜空には とても奇麗な天の川
織姫と彦星が年に一度のデートを楽しんでるんだろう
僕はといえば今日も部屋の布団の中でゴロゴロしてる
君が好きでよく聴いていたあの歌でも聴きながら

君がくれた全てのものが
僕にとっては「キミ」だったんだよ
そんな事を思いながら今日も部屋で独りぼっち

君はまだ覚えてますか?二人で観に行った流れ星を
まるで世界の終わりのようなそんな素敵な星空だったね

あの時願った流れ星がもし今もまだ流れ続けてるのなら
どうかお願い二人の前にあの日の夜をもう一度だけ

いつか君に歌った
あの歌をまだ覚えてますか?
そんな歌はもう忘れて良いよ この歌を君に贈るから

君がくれた全てのものが
僕にとっては「キミ」だったんだよ
そんな事はもうどうでも良いよって思えるようなキスをしよう
最後の夜に君と…

もどる